ノコギリヤシを女性が使用すると?

ノコギリヤシは前立腺肥大を原因とする排尿トラブル対策のイメージが強いため男性向けのものと思われている方も多いようです。
また妊娠中や授乳中の女性は控えた方がよいので余計に服用することをためらう女性も多いことと思います。
ここではノコギリヤシを女性が使用した時の効果について考えてみます。

前立腺と言う器官は男性にのみあるものですので、これを原因とする症状を抑えることができるノコギリヤシの効果を女性が享受できることはありません。
女性の頻尿トラブルにはその原因に対して効果のあるものを使用しましょう。
たとえばカボチャ種子とかイソサミジンと呼ばれるものがあります。
ではノコギリヤシは女性にとっては無用のものなのでしょうか?ノコギリヤシの効果は前立腺肥大の原因となる男性ホルモンの働きを抑えることが直接的な効果なのです。
そして女性にも多くはないとはいえ男性ホルモンはありますのでその働きを抑えることによる効果が期待できます。

ノコギリヤシの原産国である北米では先住民たちが男女を問わずノコギリヤシを摂取していたと考えられています。
少なからず存在する男性ホルモンの働きを抑えることでより女性らしい身体になれるという効果があるのです。
また男性ホルモンの多い女性にとってはそのホルモンバランスを整える効果があります。
具体的な効果としてはバストアップや母乳が出やすくなるとか不妊治療に効果があったとの報告があります。
また女性の薄毛や脱毛効果もあるようです。
女性ホルモンは40種類あります。
そのなかで生理機能や妊娠に深く関係しているものがエストロゲンとプロゲストロンです。
この2つのホルモンのバランスが良いと女性は月経周期が正常で妊娠しやすい体でいられるのです。

特に女性の社会進出が進んでいる近年の傾向として不規則な生活や食生活の乱れによるストレスなどによってこの2つのホルモンのバランスが崩れることが多くなっています。
これが生理不順や不妊症に繋がることになるのです。
ノコギリヤシを摂取することでエストロゲンとプロゲストロンのバランスが良くなってこれらの症状が改善できる可能性があります。
また男性ホルモンが優位になると筋肉質になったり体毛が濃くなるとか薄毛になったりすることがあります。
このような時にノコギリヤシの持つ男性ホルモンの働きを抑える効果でこのような症状の対策になることが期待できます。

ただし、すべての女性に効果があるとは言い切れませんし、利用するサプリメントによる効果の違いもありますし、女性の受容体が異なることによる体質の違いによっても効果が異なることもあるのです。
服用を続けてもその効果が実感できない時には異なる方法を考える柔軟性を持っておくことも必要です。